八木病院発 よろず健康アドバイス …11 点眼薬の基本

八木病院「よろず健康アドバイス」

 今回は点眼薬の基本についてお知らせします。点眼薬には薬として効果を持つ主成分以外にも色々な添加物が含まれています。例えば主成分を水に溶解させるための可溶剤、開封後のまつげや手指による汚染防止のための防腐剤、涙の浸透圧に近付ける等張化剤などです。
 これらの添加剤は人によっては接触性皮膚炎、びらん性表層角膜炎などの副作用を起こすことがあります。このため決められた点眼回数を守り、早く治りたいからと回数を増やすことはよくありません。点眼後、長時間充血やゴロゴロ感がある場合は点眼を出してもらった先生に相談することが重要です。
 次に保存条件です。別に規定されていなければ一般に室温とは1℃〜30℃、冷所とは15℃以下を意味します。15℃以下といっても凍ってしまうと変質を起こすものもありますのでご注意下さい。
 使用期限とは未開封で適切な保管(上記の保存条件)がなされた場合に効能を維持できる期限のことです。開封したものは大体1か月以内に使用し残りは廃棄することをお勧めします。
 1回に点眼する量は1滴で十分です。結膜のう(眼とまぶたの間)に溜められる最大液量が25〜30μlであるのに対し点眼薬の1滴は30〜50μlですので1滴以上点眼しても目の外に流れるか鼻涙管から鼻へ流れてしまいます。この理由により2種類以上の点眼をさす場合、相互の点眼薬の影響がなくなる5分以上空けるのが良いとされています。
 次に点眼時の注意についてお話します。
①点眼する前には必ず流水で手を洗う。
②キャップを外した点眼容器の先には顔やまつげが触れないこと。外したキャップは逆さまにして置く。
③キャップをもとに戻すとき点眼容器の先に手が触れないように気をつける。
④流れ出た目薬は拭き綿やティッシュペーパーで拭きとる。

 点眼は自宅でできる治療だからこそ、このような基礎を知って頂けたらより効果がでるのではと思います。
八木病院 眼科医師 八木さえ子
八木病院 TEL 03-3912-3121

コメントなし

記事にコメントする