八木病院発 よろず健康アドバイス …9 介護サービスって何?

八木病院「よろず健康アドバイス」

 介護サービスは介護が必要になった時、介護される側と介護をする側の負担を軽減するサービスです。大きく分けて在宅サービスと施設サービスに分けられます。要介護1〜要介護5の認定を受けた方が受けられるサービスです。介護度によって支給限度額が決まっているので範囲内でどのような介護サービスをどの程度利用するかを組み立てる介護計画を作成する必要があります。
介護(在宅)サービスの種類は?
 自宅で行うサービス=訪問介護(ホームヘルパーが訪問し身体介護や生活援助を行います)。訪問入浴介護(移動入浴車などで訪問し入浴介助を行います)。訪問リハビリテーション(機能訓練の専門家が訪問しリハビリを行います)。居宅療養管理指導(医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などが訪問し、薬の飲み方、食事など療養上の管理、指導をします)。訪問看護(看護師が主治医の指示に基づき訪問し床ずれの手当て、点滴の管理など行います)。
 施設に通うサービス=通所介護(デイサービスセンターで食事、入浴などの介護や機能訓練、レクレーションなど受けられます)。通所リハビリテーション(介護老人保健施設、病院、診療所で自立した日常生活を送るための機能訓練などを受けられます)。
 短期間施設に入所するサービス=短期入所生活介護(介護老人福祉施設などに短期間入所して食事、入浴、機能訓練などの介護が受けられます)。短期入所療養介護(介護老人保健施設などに短期間入所して医療や介護、機能訓練など受けられます)。
 施設に入って利用する居宅サービス=特定施設入居者生活介護(有料老人ホームなどで入浴、食事、機能訓練などが受けられます)。
 その他のサービス=地域密着型サービス(住み慣れた地域を離れずに生活を続けられるように地域の特性に応じた柔軟な体制で提供されるサービスです。日帰りサービス、夜間サービス、グループホーム、複合的なサービス、小規模施設サービスなどあります)。福祉用具貸与(車椅子など福祉用具のレンタルが出来ます)。福祉用具購入(ポータブルトイレなどの用具の購入が出来ます)。住宅改修(手すり、段差解消などの改修を行います)。
 等様々なサービスがあります。受けたサービス費用の1割を支払う義務があります。介護サービスの限度額を超えた分については全額自己負担になります、介護サービスの計画は介護支援専門員(ケアマネジャー)によってご本人や家族の要望、要介護度、心身の状況に応じて作成されます。
八木病院居宅介護支援事業所 介護支援専門員 宮良良子
TEL 03-3912-3121

コメントなし

記事にコメントする