八木病院発 よろず健康アドバイス …2 胃内視鏡検査について

八木病院「よろず健康アドバイス」

 最近、消化器内視鏡検査がさまざまなところで取り上げられています。今回はその中の、胃内視鏡検査に関してアドバイスしたいと思います。
 元来、日本人には胃がんが多いと言われています。現在でもがん死亡率では肺がんに次いで第2位の疾患です。胃がんを見つける検査はさまざまな方法がありますが、私自身の臨床経験に基づく私見としては、内視鏡はかなり有効と考えます。
 さらに以前と違い、早期であればお腹を切らずに内視鏡手術でがんを切除し、完治させることも可能となっています。
 胃がんだけではなく、ヘリコバクターピロリ菌が原因となる胃・十二指腸潰瘍が見られる方も多くいます。症状があるのに我慢していた方が、いよいよ重症となり、救急病院に搬送されることも珍しくありません。これらの疾患も内視鏡検査で予防や早期治療が可能です。
 内視鏡検査は、長いチューブ状の電子スコープという超小型カメラを、口または鼻から挿入し、食道→胃→十二指腸へと進め、医師はスコープから送られる画像をTVモニターで確認します。のどの感覚を鈍らせてカメラを飲み込みやすくする程度の緩い麻酔下であれば、被験者の方も同時にモニターを見ていただくことも可能です。
 経鼻内視鏡は管が細く苦痛が少ないと言われる反面、カメラの解像度がやや低く、精密検査には不向きという欠点があります。腹部症状がない、胃の病気の既往がない、胃がん家系ではないなどの条件がそろっている方が、念のために確認する程度ならいいのですが、よりクリアな画像で精密に検査をするためには、経口の方が良いというのが現状の認識です。
 病気に対しては、早期発見、早期治療が重要です。内視鏡検査はそのどちらにも非常に有用と言えます。まずは内視鏡検査で、食道・胃・十二指腸の状態を把握しておくことをお勧めします。

コメントなし

記事にコメントする